車買い換えのタイミング

車、買い換えのタイミングについて。
車は購入するにも、維持するにも、結構なお金がかかりますよね。
何処にでも行ける便利なものなので、やはりマイカーはあれば、重宝しますし、生活範囲が広がることも大きいです。
新車を購入(中古車を含む買い換え)の際には、乗り換え前の車を価値のあるうちに、下取りしてもらい、次の車の買い換え資金にあてがったほうが、買い換え上手と言えるのでしょうか?
確かに、まるまる新規では、全額支払う必要がありますが、継ぎ足し継ぎ足しで買い換えれば、一度の負担額は多少、軽減されることでしょう。
私自身も一回、買い換え時、下取りにて買い換えの経験があります。
一台目の車は新車で購入しました。120万円ほど、一括現金払いで購入しました。
2台目に買い換えたのは、一台目購入後、ちょうど2年経過した頃です。
新車なので、1回目の車検まで3年あるので、それまでに買い換えもありだなと最初から考えていました。
少し車内の狭さを感じてきたことと、ちょうど乗りたい車があったので、買い換えることにしました。
その時、一台目を下取りに出しました。下取り額は50万ほどになったので、それを買い換え購入時に補填しました。2台目は150万ほどでしたので、残額100万円ほどで、買い換えることができました。
50万円という金額は大きいですね。結果的に買い換えはお金はかかりますが、全額負担に比べたら全然違いますからね。
それなりに買い換えのタイミングは考慮すべきですね。

日常の使用頻度による走行距離の違い

私はこれまで、2台の車を所有しました。
現在も2台目を変わらず所有しています。
2台目は、既に 12年ほど所持していますが、基本的にサンデードライバーですのて、所有歴に対しては、走行距離はそれほど、伸びません。現在、6.5万キロです。
2台目は、中古車で買いました。
購入時、既に1.7万キロでした。
前の所有者は2年待たずに手放したことになります。
走行距離からすると、1ヶ月1000キロ走っていたことになるので、日々車は使用していたのではないでしょうか。
私の場合は、電車通勤ですが、車通勤だったのかもしれないですね。
通勤に車を日常的に使う場合は、距離数は必然的に延びますよね。そしてその分、消費しているため、車の買い換え、乗り換えも早くなると思います。
私の知り合いで、毎日高速道路を使用して通勤している方もいますが、やはり走行距離数は私なんかに比べるとかなりの距離数になります。
また日々の給油間隔や毎月のガソリン代も変わってくるでしょう。
私など休日の近場への買い物程度ですから、給油も月に一回すれば、充分なんです。
車検などのタイミングで、業者に、言われるのは、もう少し乗ってあげたほうが良いと、言われます。
確かに年間のコストなどを考えると、微妙なところではありますね。
それと車検時、車のパーツに関しては、パーツ交換などします。それとワイパーなどの消耗品も交換し、中身はメンテで綺麗なのですが、外観が、だいぶ古さを感じるようになりました。